2018年11月16日金曜日

社会復帰の日々

2泊3日の入院で踵のボルトを抜いてきた。下半身麻酔だったが半日ほど下半身が動かないだけなのに、それが身にしみるほどの苦痛だった。
おまけに施術用のソックスと経過観察用の心電図の電極にアレルギーが出て今も治っていない。まぁでも一段落。

先日から施設の勤務にも復帰した。
今まで自分の介護休暇を支えてくれていたスタッフには感謝してもしきれない。
だから当分は連続夜勤でもありがたく勤務させてもらおう。

以前のように日常生活も戻りつつあるが、また少し変化もしている。

三味線は今まで通りだが、増えた仲間のギターを弾く時間で暇が潰れる。
少し指皮が厚くなった。

ただ、絵を描かなくなってしまった。意欲が湧いて来ない。もとどうり絵を描く意欲が湧いて来るかは分からない。
下手だし上手くならんしもういいかナ?

その代わりというか増えたギターの修復作業も楽しい。
きれいになったらメルカリでゴーだ!

2018年11月6日火曜日

久しぶりのジェイ

藤沢に戻った月曜日のジェイ。
誰かいるかとのぞくとルートにも4人ボルダーにも3人とそこそこ。

でも話を聞くと今日はまだ良い方で先週は爺一人だったとか。
故障の人もいるが寂しい状況はそれだけではないらしい。まあ自分が復帰したからにはもう大丈夫!と胸をはれる状況ではない。
ジム乱立でオリンピックを前につぶし合いが始まっているのか?

母の介護の合間にヤフオクをのぞくのが日課になってしまい、またまた仲間が増えた、というより仕事が増えたといった方が良いかも。
ブリッジが剥がれてジャンク品として出展されたギター・・誰も入札しなかったので格安でゲット!
ホームセンターでクランプを買ってきて(実はクランプ=2000円の方が高かった)接着剤を充填後、ガッチリとクランプ・・楽しみ~!


今日は去年踵を骨折して挿入したボルトの抜テイ手術を行うために入院です。2泊3日で歩いて退院出来るらしい。

2018年11月3日土曜日

近所のイタリアンへ

雪のちらつく寒い春にここに来たときは母と来るのも最後かと思ったが、体調の回復した母と再びここにこれたことに感謝だ。

姉と3人でとる食事がよほど美味しかったのか母の食欲も少なくはない。


イタリアへ旅行した後に描いた絵を店のご主人が気に入ってくれて飾ってくれているのも嬉しい。


明日から母はしばらく施設に入る。
暖かい春になるまでとつたえているがその後どうなるかは未定だ。

自分は藤沢に帰る。

2018年10月29日月曜日

駄々っ子になった

先日、デイに行った母が行ってすぐに具合が悪いと言って帰ってきた。
なんかザワザワとして気持ち悪いと。

今日もデイから電話があって先日と同じ様との事。バイタルは問題無いらしい。
来週から3月末までショートステイで過ごすのだと伝えている事が精神的に影響しているのかも知れない。
母にも我慢してもらわなければならんし、ここはなんとか説得して下さいと伝えダメなら迎えにいくことにした。

もうショートへの入居も決まっているし、自分の入院施術も勤務復帰も動かせない。


独りで何もかも出来ていた元気な自分ではなく、誰かを頼ってでも生きなくっちゃいけないんだと言うことをどうすれば分かってもらえるのだろうか。



また仲間が増えた。

エレキを弾いていたらヤッパ音の出るギターが弾きたくなった。そしてサイモン&ガーファンクル、ヤッパこれだね!

2018年10月21日日曜日

帰る準備

日に日に寒くなって来た。


築70年、新潟地震も経験した平屋の実家は冬を越すのにはとても厳しい。

母には寒い冬の間だけ施設を手配出来たので暖房の効いた暖かい施設で過ごして欲しい、と提案している。
無理強いをする訳ではないし、本人が希望すれば戻ってもいい。


月に1度は一時帰宅し、掛かり付け医院を2ヵ所受診して施設に戻る。2泊3日の一時帰宅になるが、本人にとってはやはり施設が暖かくて良いという事を実感するだろう。


4月にはまた戻れるからと伝えている。自分もまた新潟での生活になるかも知れないがその時はその時だ。

11月の始め、母に施設へ入居してもらい一旦神奈川に戻る。

そして踵に埋めたボルトの抜き取り施術を行い、社会復帰する。


職場にも迷惑をかけた。その分頑張らねば。



仲間が増えた。

母も寝るのが早いからその分夜が長い。長い夜には三線を弾いて奄美を唄いたくなるが、障子をはさんで母の寝床ではそれも出来ん。

でヤフオクで格安のエレキをゲット。
アンプなしならピンピンシャラリ~ンくらいで起きる心配も全くなし。

♪眠れ良い子よ~・・シャラリ~ン♪

2018年10月15日月曜日

日々是介護

ご無沙汰しております。

ほぼ2日、母をデイに送り出しスポーツセンターに行く日と自宅で母と過ごす日の繰り返しで何の変化もこれといった話題もありません。

クライミング施設が併設されているとはいってもそこで強くなるようなトレーニングが出来る訳でもなく、欲求不満をランニングマシンで汗に流し、シャワーを浴びて帰るというただの時間つぶしの繰り返し。

でもそんだけでも無いよりは良いよね。


このスポーツセンターでは2ヶ月に一度館内定期清掃日が設定されており、クライミング施設も一般ユーザーが設定した課題のテープをはがしたりホールドの増し締めなどをするのだとか。
さらに年一度12月にホールド交換を行うようです。
ですからそういったときは休館日になるし、B1リーグの試合や学生の大会などの時も一般の利用が出来ない事もあります。


さらに個人や団体で施設を利用するだけでなく魅力的なレッスンも月曜から土曜までその数40を超えるよう。
Yガ、Zンバ、Bレトン、Sフトエ・・

時間さえ有ればなんでもできそうなんだけど・・

2018年9月28日金曜日

角田山 かくだやま

今日は久しぶりの登山。とはいっても標高は450メートルと低い。

弥彦山の北側にある角田山へプチ登山というか有酸素運動をしに出かけた。


朝は若干涼しかったのでとりあえず一枚羽織って出かけたものの、帽子やらストックやら前の日に思いついたものを母を送り出した後はすっかり忘れて登山口に付いたときには水と間食とタオルしか持っていないという寂しい状態。でも走って降りてくるだけだからとバイクの雨具をザックに入れて出発。


はいはい着きました。頂上は見通しのない樹林帯ですが、木漏れ日が落ちて気持ちがいい。


下りは角田岬の灯台を目指します。


樹林帯を下ると海が見えてきて思わずの歓声!


海は荒海 向こうは佐渡よ・・

身近で手ごろな山ですが、整備された登山道から愛されている山だということが分かります。